OGASAHARA

ポジショニング分析で使う基本のSD法とリッカート法

SD法とリッカート法

アンケート等の結果から、製品や市場や競合等のポジショニングを分析する時は、SD法やリッカート法を用います。SD法やリッカート法は設問や分析の基本といっていいでしょう。

SD法とは?

図形や、大小・冷熱などの対(つい)形容詞を、通常七段階に評価させて、行動の情意的意味を客観的に測定する方法。心理学者オズグッドが開発・発展したもので、パーソナリティー検査などのほか、商品のイメージ調整にも用いられる。意味差判別法SD法。
別名、セマンティックディファレンシャル法《semantic differential method》、意味微分法(大辞泉より引用)

リッカート法とは?

R.リッカートが 1932年に作成した態度尺度の一つ。同種類の内容にかかわるさまざまな意見を多数集めて,それらを3ないし7段階の連続体尺度上のスコアにあてはめ,その合計点をもって態度のスコアとする相加評定尺度と,項目分析によって作成する内的一貫性尺度とを結合させた態度測定法(ブリタニカ国際大百科事典より引用)
ナントカ法といっても、別に難しいことはなく、たとえば、

SD法の例(感覚イメージ)

【質問】
このサイトを書いている小笠原昭治のイメージは?

  • とても論理的
  • やや論理的
  • やや感情的
  • とても感情的
  • わからない

というように、感覚で選んでもらい、イメージを測定します。人間の感性は曖昧で、明確な数字で判断するのが難しいため、「どんな感じ?」なのか、少なくとも二つ以上の選択肢を設けて、回答してもらいますこれにより、漠然とした感覚が、どういう傾向にあるか把握できます。答える側は、意外と答えにくいものですが。(なので「どちらともいえない」を入れる場合もあります)

リッカート法(主観的合意)

【質問】このサイトを書いている小笠原昭治を好きですか?

  • とても好き
  • ちょっと好き 
  • どちらでもない 
  • ちょっと嫌い
  • かなり嫌い

と、主観的な意思を測定します。余談ですが、上の質問には、回答して頂かなくて結構です(笑)
通信簿をイメージしてもらえれば解かりやすいでしょう。子供の頃に一喜一憂した、あの「算数1」「国語4」「社会5」「理科2」です。通信簿は、主観的合意ではありませんが、ね。
ちなみに、通信簿は、優等生と、劣等生を、5段階で分類し、優等生には、優越感を与える反面、劣等性には、多感な時期に、劣等感を植え付ける愚行かも(苦笑)