アイデアフラッシュとアイデアラッシュの違いはフ抜け間違い

マーケティング

フラッシュからフが抜けて広まった間違い

アイディアを閃かせる意味の

アイデアフラッシュ(idea flash)と、

アイデアラッシュ(idea rush)なるもの

の違いは何ですか?という検索サマリーを見かけますが、おそらく、フラッシュから「フ」が抜けて広まった間違いでしょう。

なぜか?と申しますと、そもそも、flashと、rushは、

1.意味もスペルも異なる2つの英単語

ですから比較対象になりませんが、おそらく、flashとrushに共通する語尾のshが、日本語の「シュ」と韻を踏んでいるように聞こえるため、両者は似た英単語のように思えてしまうのかもしれません。それに、

2.アイデアが“急ぐ”って変

でしょう?

  • ideaは、名詞
  • rushは、動詞

ですから「アイディアが + 急ぐ」なんて英語(というより言語)は成り立ちませんよね?

これが第二の分析結果です。調べてみて下さい、rushの和訳は、

  • 急ぐ
  • 急行する
  • 急いで行く
  • 急襲する
  • 急に動かす
  • 大急ぎでする

といった「急ぐ」系の動詞ですから、アイデアラッシュ=「アイデアは急ぎ」なんてワケわかりません。アイデア急募じゃないんだから(笑)

ちなみに、アイディア急募ですと、idea wanted(アイデア・ウォンテッド)になる模様。

3.ideaの前後を入れ替えて検証

第三の角度から、ideaの前後を入れ替えてみますと、

フラッシュ・アイデア(flash idea)=閃くアイディア

ラッシュ・アイデア(rush idea)=急ぐアイディア

となりますね?

flash idea=閃くアイディアでしたら、何となく意味は通じますよね、閃くのでしょうアイディアが。一方、

rush idea=急ぐアイディア

ですと、急ぐ意味のHurry up(ハリーアップ)が妥当で、「アイデア急げ」ですとHurry idea(ハリー・アイディア)になり、rushではなくなる模様。

4.ディズニー映画「シュガー・ラッシュ」は一つの名詞

第四の角度から検証しますと、〇〇ラッシュで有名なのが、大ヒットしたディズニーアニメのシュガーラッシュ。

シュガー・ラッシュという名の、お菓子の国のレーシング・ゲームです。

シュガーラッシュは、SugarとRushで「Sugar Rush」という一つの名詞(映画名)。

idea rushの誤訳よろしく「砂糖が急ぐ」ではありませんし、反対に「急げ!砂糖」でもありません。

どうしても「アイデアラッシュ」にしたければ、シュガーラッシュのように、アイデアラッシュを固有名詞にすれば、何とかなりそう。

何を意味する名詞(rush idea)か?は人それぞれ、諸説紛々になること必至ですが(笑)、和製英語にするなら、この方法(名詞化)でしょう。

5.[まとめ]アイデアは、急ぐより、質

まとめますと「閃く」の英語は(flash)フラッシュ。これがrush(急ぐ)ですと、

「アイデアをラッシュすること。アイディアを急ぐこと」

となり、ワケがわからなくなります。というより、言語として成立しません。

アイデアは、急がず、余裕をもって、じっくり、沢山、フラッシュしましょうね~。

[余談]アイディア・フラッシュとフラッシュ・アイデアの違い

アイディアフラッシュも、フラッシュアイデアも、ジャストアイデアも、思いつくこと。閃くこと。では、

  • アイディアフラッシュ
  • フラッシュアイデア
  • ジャストアイデア

の違いは?というと、90年代に起業した筆者はアイディア・フラッシュのみ使用していましたので、他二つは分かりません。

少なくとも、マーケティングの現場では使われていませんでした。ということは、

  • 旧/アイディアフラッシュ
  • 新/フラッシュアイデア
  • 新/ジャストアイデア

のように新旧で分類できそうです。

QooQ