新規事業を立ち上げる(新商品を開発する)マーケティングR


新しい事業や、新しい商品を作るには(マーケティングという)やり方があります。
現場型のマーケティングサイクル“マーケティングR→D→P”略してマーケティングR
そのマーケティングを、座って学ぶ座学の勉強ではなく、現場仕込みのマーケティングによって取り入れ、売れる商品や、新規事業を開発するのが、現場型のマーケティングサイクル“R→D→P”、略して、

マーケティングR

です。 (新規事業と、新商品開発が、厳密には別であることは、ご存じの通りです)
Q&A

マーケティングは情報戦(リサーチ)から始まる

現場で動くためのマーケティングRは、リサーチに始まり、リサーチに終わります。

アイデアから始めるという説もありますが(確かに、発明はアイデアが重要ですが)、筆者が唱えるマーケティングRでは、調べまくることで、情報を集める「情報戦」から始めます。

自社でマーケティングリサーチする

市場の有無や、動向は、新聞、テレビ、雑誌、国や当該機関の統計、調査会社が販売している調査レポート等のオープン・データで調べることができます。定性調査は、既存の利害関係者へ聞くヒアリングから始めます。

インターネットで調べる

昔と違って、今では、インターネットで調べることができます(が、個人発の情報は、複数人による校閲が入りませんから、事実かどうか、精査する必要があります。ウィキペディアを事実校に使わない出版社さえあるくらいです)

マーケティングリサーチ会社へ依頼する

多額の経費はかかりますが、リサーチの設計から分析まで、プロがやってくれます。全体的な傾向を知る調査(定量調査)や、重回帰のような専門的に分析したい調査に向いています。リサーチは、足で聞く。座って得られる情報には限界があります。利害関係者へ訊ねるところから始めましょう。

リサーチの次は、プランニング

リサーチの次は、新事業や新商品の企画です。リサーチで集めた情報を、アイデア化し、試作品を作ります。

プランニングの次は、市場導入

プランニングの次は、市場導入の準備に入ります。ここまでで、売れない危険性を排除します

市場導入の次は、プロモーション

市場導入した後は、プロモーションになります。既存事業(既存商品)の場合、ここに経営資源を集中させますので、プロモーションとマーケティングが、混同されやすくなります。

マーケティングRは現場仕込み

現場型マーケティングサイクル“マーケティングR”は、筆者が(1,000件を超える様々なマーケティングの現場の中から)開発した独自のプロセスです。

教科書的には、SWOT分析から始まり、アフターサービスに終わる…という専門家もいれば、3CやPEST分析に始まり、PDCAサイクルに終わる…という専門家もいます。

教科書的なマーケティングとの違いは何ですか?

教科書で、学んでから使うマーケティングではなく、現場で、使いながら身に付けていくマーケティングです。

マーケティングの大家が提唱した理論(4P'sやSTP)から順に学ぶのであれば学習が向いていますし、結果を重視するならば、現場重視のマーケティング・サイクルが向いています。

定量リサーチと、既存客へのヒアリングだけで充分ですか?

不充分です。
知りたいことを知っているであろう見知らぬキーマンからの聞き取り調査が欠かせません。

定性調査は、聞き取るテクニックよりも、キーマンを探して会うほうが重要(大変)です。

どうすれば、そのキーマンから、話を聴けますか?

自社の人脈の中で探すか、人脈が豊富な企業(大手コンサルティング会社など)へ依頼して下さい。

そうでなければ、マーケティング・プロセス・サイクル独自のR&S(リサーチ&セリング)を繰り返して聞き取りましょう。

R&S(リサーチ&セリング)とは?

その名の通り「調べて売る」調査営業です(マーケティング・プロセス・サイクルを開発した弊社代表が、1,000件を超えるマーケティング現場の実務の中から編み出した方法です)

マーケティングRは、どんな企業に向いていますか?

マーケティング部がない企業や、マーケティング部を新設したい企業に向いています。

マーケティングRの期間は?

一年間です。なぜなら、企業は、単年度で予算を立てるからです。

マーケティングに精通したチームがいれば、最短で一年以内に新商品(新事業)を市場導入できます。(飲食のような関与度の低い商品を除きます)

マーケティングを知っている社員がいなければ?

マーケティング担当者(マーケターといいます)を、採用するか、育成して下さい。

マーケッターの育成に、どれくらい、かかりますか?

マーケティングの、基礎中の基礎を学ぶだけなら、一回2時間もあれば充分です。より詳しく知るには、半年~1年くらい。できるようになるには、一年以上、実際に動いてみる経験が必要です。

マーケッターは一人で充分ですか?

人数や、組織形態は、企業や商材によって様々です。

大メーカーのように、複数のマーケッターが職務を分掌しているチーム制もありますし、
職人出身の社長が、一人で、研究開発(R&D)から売り込みまでを兼ねている小企業もあります。

商品開発のプロセスを教えて下さい

(飲食店のメニューといえば想像しやすいでしょうか)関与度の低いBtoC向けの商品は、大々的にリサーチせず、社内で商品開発し、市場導入させる企業が多いようです。

一方、マーケティング部と開発部門がイコールの企業もありますし、製薬メーカーのように研究機関を分離している国際的な巨大企業もあります。

要するに、商品開発の教科書的なプロセスはあれども、各業界、ひいては、各企業によって異なるのが現実です。

誰が、何してくれますか?

マーケティング担当者(=マーケター)が、最初から最後まで進行します。

それぞれのプロセス(調査・商品開発・市場導入etc.)を、マーケターが、一人で背負う企業もありますし、プロデューサーのように、チーム内や外部スタッフへ振り分ける企業もあります。

もしも、外部のマーケティング・コンサルタントを招いている場合は、そのプロの指導のもと、実務を進めて下さい。

マーケティングを習う費用は?

マーケティングを教える研修会社を検索してみて下さい。沢山あります。

大体、一人あたり一回の研修で10~20万円×回数のようです。

商品開発の名で、マーケティングのフレームワークを教える会社も沢山あります。

どんな企業に向いていますか?

マーケティング部はないけれども、マーケティングを取り入れたい、新しい事業や商品を開発したい、マーケティング部を新設したいという企業に向いています。(マーケティングがルーティンになる前の企業に向いています)

マーケティングRを取り入れるメリットは?

  1. 失敗の危険性を減らし、成功の可能性を高めます。
  2. 新商品や新事業によって、新しい売上が増えます。
  3. 「やり方」は、無形の財産になります。
やり方(マーケティング)を知らずに、新規の事業や、独立に失敗し、多額の負債を背負う経営者、倒産するベンチャーが後を絶ちませんけれども、やり方(マーケティング)さえ知っていれば、その危険性を回避でき、新事業を立ち上げることができます。その「やり方(マーケティング)」が、ここ(マーケティングR)にあります。