OGASAHARA

景気がいいとはどんな意味?景気が悪いとはどんな時の状態?≪第1章

景気がいい(良い・好い)とは?

わずか一行、かつ、3パターンで解説しますと、
  1. 一言でいえば、カネ回りが良いこと。
  2. 二言でいえば、ジャンジャンお金が入ってきて、ジャンジャン出ていくこと。
  3. 三言でいえば、入金が増え、経済的に豊かになり、精神的にも豊かになること。
具体的には、財布の中身を気にせず、特上を食べて、幸せに浸れること。並や上で我慢していた寿司とか、うな重とか、焼肉とか。
食べるにしても、買うにしても、お金を払いますね?
お金を払うには、払うよりも先に、お金が入ってこなければ、払えませんな?これが、1~3の、
  1. カネ回りが良いこと、
  2. お金が入ってきて、出ていくこと、
  3. 経済的かつ精神的に豊かになること
です。シンプルでしょう?
個人も法人も一緒で、製造業(メーカー)の経営者に例えると、
  • 売上が伸びて、
  • 生産設備を増やして、
  • 人を雇って、
  • 製品を量産して
  • どんどん出荷し、
  • ますます売り上げ、
  • もっともっと儲かる
こと。勤め人に例えると、給料が増えて、どんどん増えて、欲しかったアレを買えて、満足感を得られること。いいことづくめですよね。

3つに共通している条件はカネ

です。景気は、経済活動ですからね。これまで、並か、上に甘んじていた、
  • うな重や、
  • 焼肉や、
  • 寿司
を、財布の中身を気にせず、高額なネタのみ、何人前も食べて、幸せを感じられること。
発想が貧しい例(笑)かもしれませんが、小さな幸せを感じることができる機会は、日々の食事ですからね。
大きな幸せを感じる機会となると、年に一度もありませんので。
抽象的にいえば、現時点よりも、

質量ともに多く得られる

こと。たとえば、
  • 売上 =企業収益、
  • 設備 =設備投資、
  • 雇用 =求人
は、景気と連動しますので、好景気になれば増え、不景気になれば減ります。
個人に例えるなら、給料が増えると、家を買って、結婚できるようなものです。
反対に、景気が悪いと、財布にお金がありませんので、うな重の特上どころか、
  • 満足にランチも食べられず、
  • ひもじさに悲しくなり、
  • 先行き不安になって、
  • 財布の紐を締める
  • 買い控える
  • 商品が売れなくなる
  • 企業の利益が伸びない
  • 給料が上がらない
  • 財布にお金がない
  • 昼飯さえ食えない
悪循環。商品が売れないから
  1. 値段を下げる
  2. 企業の利益が伸びない
  3. 給料が上がらない
  4. 不景気になる
悪循環。これが、デフレ(物価下落)スパイラルです。
たとえ、好景気であっても、給料ではなく、ボーナス(一時金)のみ増えるとなると、家のローンは組めませんよね。結婚はおろか、子供も増やしにくい。
え?好景気なら、給料は増えるハズだって?
稿を改めて解説しますが、景気がいいからといって、給料が増える保証は、ありません。給料が増えなければ、景気が悪いのと一緒。景気が悪いと、
  1. カネ回りが悪くなる
  2. お金が入ってこないから、出ていきようがなくなる
  3. 入金が減り、経済的に貧しくになり、精神的にも暗くなる
最悪ですよね(苦笑)
でも、ご安心あれ ≪ 第2章へ続く