バイアスは偏りのことでステレオタイプは固定概念

顧客満足

バイアス(bias)とは、偏りのこと。

ビジネスシーンでも、よく、「バイアスが、かかっている」(偏っている)といいますね?

「外回りは、男性の仕事だ」とか(= ジェンダー バイアス)、女性が外回りしたっていいですものね

女性の進出が目覚ましいにもかかわらず、外回りは男の仕事だなんて、偏った考え方だと思いませんか?

男女の差で仕事を決めつける考え方が偏っている証拠として、

  • ヤクル〇レディや、生保の外交員は、昔から、女性が当たり前ですし、
  • 今じゃ、クロネ〇ヤマトのセールスドライバーやタクシー運転手、ドボジョ(土木系女子)、トラガール(トラック運転手)まで、

女人禁制の土俵(大相撲の力士や行司)等を除いて、進出できる分野へ、進出すればいいんです。

その反対に、男性も、女性の領域へ入っていけばいいんです。ただし、男性の助産婦案は、患者(妊婦)さん達から猛反対されて、廃案になったそうですが。

バイアスをかけるという能動態

かかっているという無意識の状態とは反対に、かけるという能動態もあります。

平均年収のように、わざを平均値だけを取り上げて「アーだ、コーだ」と分析する場合は「バイアスを、かけている」といいます。

こうしたバイアス(偏り)を、

  • ステレオタイプ(stereotype)
  • スキーマ(schema)

と呼ぶこともあります。三者とも、先入観や、偏見と訳される場合がありますので、三者は、似て非なるものですので、整理しておきましょう。

1)のステレオタイプは、立体(stereo)音響のステレオやスピーカーを想起 しやすいかも知れませんが、

英語の同じスペルながら、活版印刷のステロ版(stereotype)が語源ですから、

社会学で、ステレオタイプというと

「AはBに決まっている」

というように、まるでステロ(鉛)版で印刷したような

  • 型にはまった
  • 紋切りの
  • 先入観や偏見がある

没個性の見方や考え方、思い込み、固定概念を指します。

QooQ